輪鐙 わあぶみ

出土地:熊本県玉名郡和水町 江田船山古墳出土
古墳時代・5~6世紀
高25.4 柄部10.7 柄部径18.5
1対
国宝

馬に乗るための鐙は、騎乗に秀でた遊牧騎馬民族ではなく、不得手な農耕民が馬の背に上るために考案したものだと考えられている。古墳時代には、輪鐙がはじめに登場し、おくれて壺鐙が出現する。壺鐙は法隆寺宝物等の奈良時代の鐙を経て日本独自の鐙へと発展してゆく。

作品所在地の地図

関連リンク

輪鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅製冠
素環鏡板付轡
鉄矛
鉄刀
ガラス勾玉
ページトップへ