蛇籠千鳥蒔絵硯箱 じゃかごちどりまきえすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 

江戸時代・18世紀
1合

蓋表から蓋裏、見込みにかけて、宇治川など川辺の情景を描いた硯箱。金銀の平(ひら)蒔絵と螺鈿(らでん)に厚い鉛板や銀の板を大胆に交えた表現や、通常添景として用いられるにすぎない蛇籠をクローズアップしてとらえた意匠感覚などに、尾形光琳の蒔絵の特色が受け継がれている。(20120626_h081)

作品所在地の地図

関連リンク

蛇籠千鳥蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群鶴蒔絵硯箱
豆兎蒔絵螺鈿硯箱
豆兎蒔絵螺鈿硯箱

伝永田友治作

八橋蒔絵螺鈿硯箱〈尾形光琳作/〉
波千鳥蒔絵提重
波千鳥蒔絵提重

永田友治作

柴垣蔦蒔絵硯箱
ページトップへ