書棚 木製溜塗

漆工 

江戸時代・18世紀
1基

 書棚は本来厨子棚と黒棚を合わせた三棚一揃で制作されたが、江戸時代中期以降には単独で趣味的に作られたらしく、形式にバリエーションが多く見られる。これもその一例で、天板に筆返をつけ、天板下には幕板をもうけるなど一風変わった形である。    

作品所在地の地図

関連リンク

書棚 木製溜塗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桜松蒔絵書棚
虎渓三笑蒔絵棚
虎渓三笑蒔絵棚

伝幸阿弥長玄作

葡萄蒔絵棚
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
子日蒔絵螺鈿棚
ページトップへ