短冊 たんざく

細川幽斎筆
安土桃山時代・16世紀
紙本墨書
縦36.9×横5.4(㎝)
1幅

細川幽斎が「雪中聞鴬」(せっちゅううぐいすをきく)という題で詠んだ和歌一首を記した短冊。歌の末尾に幽斎の法名「玄旨」の記載がある。幽斎は室町幕府の重臣として将軍家に仕えた後、信長、秀吉の家臣として重用された。また三条西実枝より古今伝授を受けた当代随一の文化人でもあった。(131112_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

短冊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短冊(三条西実隆筆)
消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
慈円筆 懐紙
消息
消息

細川ガラシャ筆

後土御門天皇宸翰著到御短冊
ページトップへ