如意輪観音菩薩坐像 にょいりんかんのんぼさつざぞう

彫刻 

鎌倉時代・13世紀
木造、彩色・截金、玉眼
像高 52.2
1躯

紫檀を思わせる黒色にあらわし、着衣に細く切った金箔を貼りつけて文様とする截金+きりかね+を施すのは、稀少材の檀木を用材とする檀像+だんぞう+を意識したものとみられる。なお、X線CT撮影を実施したところ、頭部内には仏舎利+ぶっしゃり+のほか木製の光背や菩薩立像などが納入されていると判明した。

作品所在地の地図

関連リンク

如意輪観音菩薩坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菩薩立像
如意輪観音坐像 附像内納入品
十一面観音立像 附像内納入品
愛染明王坐像
愛染明王坐像

大佛師快成作、小佛師快尊・快弁、願主寂澄

不動明王立像
ページトップへ