金銅雲竜文飾金具 コンドウウンリュウモンカザリカナグ

制作地:中国
1枚

銅板製で、鏨(たがね)彫りにより文様を表し鍍金(ときん;金メッキ)を施したもの。金銅製の飾金具は、遼(りょう)時代の墳墓の棺や木帳(もくちょう;納棺厨子)に付けられたものが報告されている。本品もこのような墳墓出土品と思われるが、明確な使用部位は明らかにし得ない。
文様は竜と雲の組合わせで、中国工芸に通有の意匠であるが、雲文が形式化して唐草状になる。同様の表現は遼・金や高麗など中国東北部から朝鮮半島にかけての工芸意匠に事例が多い。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅雲竜文飾金具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍍金銀棺飾釘
双竜鏡
蓮唐草蒔絵経箱
忍冬唐草文鏡板(奈良県珠城山第三号墳出土)
鳳凰文戧金経箱
ページトップへ