雑画図冊 ざつがずさつ

絵画 

高鳳翰筆
制作地:中国
清時代・康煕53年(1714)
紙本墨画(第1~9・11~18図)/紙本墨画淡彩(第10図)
各19.3×13.6
1帖
銘文:第一開右 第一図(怪石) 擬某道人畫石 ; 鈐印「鳳」 ; 翰 ; 南邨 ; 第一開左、賛語。康熙甲午十月二十三日畫畢題 ; 鈐印「南邨」 ; 第二開右 第二図(石榴) 戯仿白陽山人 ; 鈐印「鳳」 ; 翰 ; 半間茅屋讀書人 ; 第二開左 第三図(寒林晩鴉) 余家村居近河母子夕陽見晩鴉時其景如此、南村居士題 ; 鈐印「西」 ; 園 ; 第三開右 第四図(老樹) 老樹藤花別有春 ; 鈐印「西」 ; 園 ; 南邨 ; 第三開左 第五図(菊花) 自賛の後「南村」  ; 鈐印「翰」 ; 自賛と鈐印「西」 ; 園

高鳳翰は、字を西園、号を南村、または南阜といい、山東省胶県の人。はじめ安徽歙県県丞などを勤めましたが、次第に官僚生活に興味を失って揚州に寓居【ぐうきょ】して売画生活を送りました。55歳で病により右手が使えなくなり、以後は左手で作画したことから尚左生とも号しました。(130409_t081)

作品所在地の地図

関連リンク

雑画図冊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図
山水図

沈宗敬筆

山水図冊
山水図冊

黄易筆

黒書院四の間東襖南より3
黒書院四の間東襖南 全図
黒書院四の間東長押上貼付南より1
ページトップへ