大智度経論巻第六十九 ダイチドキョウロンカンダイ69

その他の画像全3枚中3枚表示

制作地:日本
奈良
紙本墨書
縦 24 cm 横 742 cm
1巻
銘文:天平六年歳次十一月二十三日 針間国賀茂郡既多寺衣縫造男国書写奥書 白点朱点あり

『大智度論』百巻は『摩訶般若浪羅密経』の注釈でありインドの龍樹造(りゅうじゅ)、姚秦の鳩摩羅什(くまらじゅう)の訳にかかる。本写経は石山寺旧蔵で、なお数十巻が同寺に伝えられる。播磨(針間)区にという地方で書写された知識経。これらの経巻の寄進者は、同国の国守、国造、貴族、僧尼、その他多くの階層にわたっている。その書風は自由で暢びやかである。

作品所在地の地図

関連リンク

大智度経論巻第六十九チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑜伽師地論 巻第八十九(舎人国足願経)
紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経)
大般若経巻第五百二十七
摩訶僧祇律巻第三十八(光明皇后御願経・五月一日経)
大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
ページトップへ