大日如来坐像 だいにちにょらいざぞう

彫刻 

制作地:インドネシア
10世紀頃
青銅
総高18.8 像高7.3
1躯

 智拳印(ちけんいん)を結んで、天蓋下に坐しています。台座は、方形の須弥座の上にクッションのような部分をはさみ、その上に蓮華を表わすもので、東部ジャワ期に一般化する形式です。 (20130102_t121)

作品所在地の地図

関連リンク

大日如来坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大日如来坐像
大日如来像
観音菩薩立像
宝冠如来及び両脇侍坐像
円空仏(阿弥陀如来坐像、菩薩形坐像)
ページトップへ