アジャンタ壁画・シーギリヤ壁画模本 アジャンタヘキガ・シーギリヤヘキガモホン

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 

杉本哲郎
紙本著色
10枚

 杉本哲郎(1899~1985、本名:哲二郎)は、滋賀県出身、山元春挙に師事し、京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)を卒業したが、後に画壇と距離を置き、インド古代仏教美術に範をとり、宗教美術において一家をなした。本作品は、杉本が、昭和12~13年にかけて、遺跡所在国の許諾を得た上で行ったインドのアジャンタ及びスリランカのシーギリヤ壁画の模写である。
 アジャンタ壁画は、第一窟のパドマパーニ(蓮華手菩薩)とその周囲のミトゥナ(男女抱擁像)、及び第十七窟柱守護神像を模写しており、ニスによる原品修復以前の面影を伝える。シーギリヤ壁画は、シーギリヤ・ロックという岩山の中腹にあり、カッサパⅠ世(在位477~495頃)の王宮の遺構の一部とみられ、外国人では世界初の模写であり、後年の損傷以前の状態を伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

アジャンタ壁画・シーギリヤ壁画模本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若竹と子雀
若竹と子雀

入江波光

菩薩頭部
中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画/1ページ
衆人奏楽図
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画II/1ページ
ページトップへ