武陵桃源・蓬莱仙境図 ブリョウトウゲン・ホウライセンキョウズ

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 

富岡鉄斎
制作地:日本
明治
紙本著色
6曲1双
銘文:「鉄斎百錬写并題」「明治丗七年梅雨月富岡百錬造」 「鉄斎」「富岡百錬」「丙子祝央己卯教官壬遯人」
「羅摩圖」「富岡百錬」「丙子祝央己卯教官壬遯人」

晋の太元年中、武陵の漁夫が山の中に発見した秘境桃源、蓬莱は東方の海中にあると信じられた神仙の住む島で、図上にそれぞれ陶淵明の桃花源記と雲笈七籤の記事を書いている。鉄斎は大正13年に89歳で没するまで、様々な先人の画を学び、また「万巻の書を読み、万里の道を行く」ことを理想としたように、幅広く、多彩な出典をもつ多くの作品を残している。画面一杯につみ重ねるような墨筆と鮮やかな色彩を縦横に駆使した、69歳の作で、近代文人画の頂点を飾る大作である。

作品所在地の地図

関連リンク

武陵桃源・蓬莱仙境図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

葛仙移居図
葛仙移居図

富岡鉄斎

教祖渡海図
教祖渡海図

富岡鉄斎

売茶翁図
売茶翁図

富岡鉄斎

東坡三養図(とうばさんようず)
思邈僊窠図(しばくせんかず)
ページトップへ