多宝千仏石幢 たほうせんぶつせきとう 

制作地:中国
中国・遼時代 大康10年(1084)
石製
総高554.0
1基
重要文化財

如来・菩薩・比丘(びく)・飛天や伽陵頻伽(かりょうびんが)などの像と、真言あるいは陀羅尼(だらに)などが全面に刻まれており、西暦1084(遼・太康10)年に建立された。遼は、モンゴル系遊牧民・契丹(きったん)族が建てた国家。

総重量は3.5トン、高さは5.5メートルにもおよぶ。

作品所在地の地図

関連リンク

多宝千仏石幢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

多宝千仏石幢
三彩牡丹文皿
三彩牡丹文皿

中国・乾瓦窯

観音菩薩立像
茶地霊鳥文様緙絲
鈴

ページトップへ