粉青印花象嵌蓮池文俵壺 ふんせいいんかぞうがんれんちもんひょうこ

陶磁 

制作地:朝鮮
朝鮮時代・15世紀
陶器
1口

俵壺とは俵を横にしたような形状の壺をいいます。胴の中ほどに口を付け、側面を下にして焼成しています。文様は高麗青磁の系譜を引く象嵌の技法であらわされていいます。スタンプを使用した細かい花文様で地を埋める手法は、朝鮮時代前期に流行しました。

作品所在地の地図

関連リンク

粉青印花象嵌蓮池文俵壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粉青象嵌波亀甲文俵壺
粉青象嵌魚文扁壺
粉青掻落花蝶文扁壺
青磁象嵌菊花文瓶
粉青印花連珠文碗
ページトップへ