白釉鉄絵束蓮文瓶 はくゆうてつえそくれんもんへい

陶磁 

中国・磁州窯
北宋~金時代・12世紀
陶製
高17.9 口径7.6 底径13.6
1口

胎は茶色の陶胎で、白土で化粧を施し、そのうえから筆を使って鉄絵具でリボンで束ねた蓮の花と蝶を描いています。さらに細部は針のようなもので黒土を削ってあらわしています。本作品のように、梅瓶を途中で切ったような太く短い酒瓶のことを「太白尊」と呼びます。

作品所在地の地図

関連リンク

白釉鉄絵束蓮文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白釉鉄絵牡丹文瓶
白釉鉄絵牡丹文瓶

中国・磁州窯

白釉鉄絵花鳥人物文壺
白釉鉄絵花鳥人物文壺

中国・磁州窯

白釉黒地白花牡丹文枕
白釉黒地白花牡丹文枕

中国・磁州窯

白釉鉄絵虎形枕
白釉鉄絵虎形枕

中国・磁州窯

白釉水注
白釉水注

中国・磁州窯

ページトップへ