白地網代丸文様錦 糸屋風通 しろじあじろまるもんようにしき いとやふうつう

制作地:中国
明時代・16~17世紀
1枚

千利休の門人であった堺の商人・糸屋宗有(いとやそうゆう)が愛好したとも、京の商人で茶人であった糸屋良亭の好みであったとも言われています。表裏の色糸が反転して同じ文様が織られる風通と称される織物。地文の細かい算崩し文様と輪宝にたとえられる大きな円文が対称的です。

作品所在地の地図

関連リンク

白地網代丸文様錦 糸屋風通チェックした作品をもとに関連する作品を探す

算くずしに輪宝文様風通(糸屋風通)
風通錦 牡丹文
風通錦 牡丹文

喜多川俵二

金襴 五彩鱗形宝尽し龍丸文様
茶地霊鳥文様緙絲
金襴 萌黄地宝尽石畳文様
ページトップへ