三彩梅花文壺 さんさいばいかもんつぼ

陶磁 

制作地:中国
唐時代・8世紀
陶製
総高23.8 口径13.5 底径11.1
1合

唐三彩は盛唐期に貴族の墳墓に副葬するための明器として製作されました。この形式の丸壺は俗に万年壺とよばれ、被葬者の食料を入れるための容器と考えられています。複雑で華麗な文様構成をとり、数ある唐三彩万年壺のなかでも印象的な優品です。

作品所在地の地図

関連リンク

三彩梅花文壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐三彩壺
三彩梅花文壺
白釉有蓋壺
白釉有蓋壺
唐三彩貼花獅子文鍑
ページトップへ