七言二句 しちごんにく

有栖川宮熾仁親王筆
明治24年(1891)
絹本墨書
本紙 縦146.0 横60.8
1幅

有栖川宮熾仁親王は幟仁+たかひと+親王の長子。幕末に尊王攘夷を支持し、一時蟄居させられたが、維新時には新政府の総裁、東征大総督となった。新政府では軍務に就き、陸軍大将、参謀総長などを務めた。この時代の能書としても知られる。

宋の王禹偁『南郊大礼詩』からの二句を墨書する。熾仁親王は優美な有栖川流の書を受け継いでいるが、維新後はむしろ豪放な書風が広く好まれて、連日のように内外から揮毫の依頼があった。

作品所在地の地図

関連リンク

七言二句チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七言二句「丹楓落日」
七言二句
七言二句

池大雅筆

一行書  庶事無留是其勤也
一行書 庶事無留是其勤也

有栖川宮 熾仁親王

「衆人皆酔 云々」二行書
勝海舟筆荻窪八幡神社大幟
ページトップへ