緑釉鉢 りょくゆうはち

陶磁 

制作地:朝鮮
三国時代(百済)・6~7世紀
陶製
1口

 百済では、6世紀ごろから緑釉陶器が作られるようになりましたが、金属器を倣{うつ}した形が多いのが特徴です。この鉢とよく似たものが、百済{ひゃくさい}の538年以降の都であった忠清{チュンチョン}南道扶余{プヨ}で出土しており、この鉢も百済の貴人の墓に納められたものと思われます。

作品所在地の地図

関連リンク

緑釉鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緑釉連弧文長頸瓶
三足杯
三足杯
蓮華文塼
四脚付壺
ページトップへ