日新除魔図 にっしんじょまず

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 

葛飾北斎筆
江戸時代 天保13~14年(1842~43)
紙本墨画
各 縦13.0~40.2 横13.5~40.3
219枚
重要文化財

葛飾北斎の「日新除魔図」219枚は、信州小布施逗留中の北斎が83~84歳のとき、毎朝の日課として描き続けたさまざまな姿の獅子図、獅子舞図。注文制作ではなく、自身の長寿を願うなどの理由により描かれた。北斎の「日新除魔図」は国内外に他に数図知られるが、当寄贈作品は質量ともにまとまった稀有な作品群であり、219枚にもおよぶ最重要作品群としてつとに知られ、伝来事情も明確。信州松代藩士の宮本慎助が北斎に依頼していた掛幅画がいっこうに出来ず、北斎の娘・お栄の提案によって代替として宮本慎助に贈ったのが、お栄保管のこの219枚であった。躍動する筆の動きはすばらしく、北斎の豊かな創造力があふれ出るさまを紙上にとどめる、きわめて貴重な物証である。

作品所在地の地図

関連リンク

日新除魔図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桜花に鷹
桜花に鷹

葛飾北斎筆

羅漢図
羅漢図

葛飾北斎筆

風流無くてななくせ[遠眼鏡]
百合
百合

葛飾北斎筆

冨嶽三十六景《東都浅艸本願寺》
ページトップへ