菊蒔絵瓶掛 きくまきえびんかけ

漆工 

安土桃山時代 16世紀
木製漆塗 蒔絵
口径29.4 胴径31.0 高17.8
1基

鉄瓶を掛けるための小型の火鉢、あるいは風呂の類として用いられたと考えられる。もともとは桃山時代の耳盥(みみだらい、鉄漿付(かねつ)けの際、口を漱ぐのに用いる化粧道具の一)を改装したもので、左右に提手を設け、内部には金属製の落としを仕込む。

総体黒漆塗の地に、金平蒔絵や絵梨子地を用いた高台寺蒔絵の技法で、水辺の土坡から伸びる菊花と薄をはなやかに描く。

作品所在地の地図

関連リンク

菊蒔絵瓶掛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草桐紋蒔絵手拭掛
檜垣枝菊蒔絵沈箱
秋草蒔絵楾
御簾秋草蒔絵炉縁
夕顔蒔絵大鼓胴
ページトップへ