米船渡来見聞絵図 べいせんとらいけんぶんえず

その他の画像全3枚中3枚表示

歴史資料 

山脇正準撰 乙部次儀筆
江戸時代 安政3年(1856)
紙本著色
縦26.6 全長736.6
1巻

嘉永6年(1853)と翌安政元年(1854)に、ペリー率いるアメリカ艦隊が来航した際の、警固の陣形図や応接所の図、アメリカ船の設備、積まれていた武器や楽器、工具・道具類、アメリカ軍服などを描いた絵図。巻末の識語によれば、本作品は山脇正準が「横栗」の両浜で見聞したことを、安政3年(1856)の仲春(2月)下旬に乙部次義が模写したとある。「横栗」の両浜とは横浜と久里浜で、嘉永6年時は久里浜に、翌安政元年時は横浜に応接所が設けられている。乙部次義は、山脇の門下生である可能性があるが、詳細は不明である。幕末の日本人が、アメリカ艦隊をどのように観察し、何に興味を示したかを窺い知ることができる作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

米船渡来見聞絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ペリー来航図(軍図)
鍋島直正品川台場巡視之図
安政二年卯七月より八月迄渡来之英吉利且又仏朗西船碇泊之図
天保山魯船図
天保山魯船図

筆者不詳

長崎表異船渡来ニ付而、旦那様都合御心遣被為蒙仰候一通控 地
ページトップへ