土偶 どぐう

出土地:伝青森県青森市浪岡 五本松遺跡出土
縄文時代 前2000年~前1000年
土製
長7.3 幅3.6 厚2.3
1点

粘土紐の貼り付けによる顔面表現を特徴とする小形の土偶。後頭部には瘤を持ち、各所に魚々子文風に刺突文が施される。両腕と両脚を大きく欠失する以外は比較的良好に遺存する。縄文時代後期・晩期の九州では、東日本で流行していた土偶や石棒等を用いる祭祀が伝播し、独自の文化が開花した。各地の土偶は、この時期の広域交流を考える上でたいへん重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

土偶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三角柱状土製品
三角柱状土製品
注口土器
土偶/青森県有戸鳥井平4遺跡出土
土偶
ページトップへ