青花八吉祥文壺 せいかはちきっしょうもんつぼ

陶磁 

中国・景徳鎮窯
明時代・15世紀
磁製
高29.4 口径13.0 底径13.6
1口

胴部の主文様には、仏教の吉祥文様である八宝(宝輪、法螺貝、宝傘、天蓋、蓮花、金魚、宝瓶、盤長)が描かれています。文様は繊細な筆致ですが、青花の発色が不安定で、器形も全体的に厳しさに欠けます。明初、15世紀の景徳鎮窯で作られた作品と考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

青花八吉祥文壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古染付松樹文双耳花入
古染付松樹文双耳花入

中国・景徳鎮窯

青花束蓮文大皿
青花束蓮文大皿

中国・景徳鎮窯

五彩獅子文瓶
五彩獅子文瓶

景徳鎮窯

青花花鳥文大皿
青花花鳥文大皿

中国・景徳鎮窯 

青花宝相華唐草文瓢形瓶
青花宝相華唐草文瓢形瓶

中国・景徳鎮窯

ページトップへ