緞子 花折枝鳥文様(万暦緞子) どんす はなおりえだとりもんよう(ばんれきどんす)

制作地:中国
明時代・16~17世紀
1枚

明・万暦時代(1573~1619)に流行した華やかな緞子。上方は鱗(うろこ)形と波に振り返ったり飛び跳ねたりする可愛らしい兎を配し、下方には鱗や網目風の文様を並べる。中間の石(いし)畳(だたみ)内には、梅唐草に尾長鳥、牡丹唐草に尾長鳥や双蝶、鳳凰などを組み合わせて互の目にあらわしています。 (20160113_T5_4)

作品所在地の地図

関連リンク

緞子 花折枝鳥文様(万暦緞子)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鱗文様緞子(住吉緞子)
萌黄地花唐草文様緞子 笹蔓緞子
団牡丹唐草文様緞子(万暦緞子)
緞子
花葉松毬唐草文様緞子(笹蔓緞子)
ページトップへ