古裂帖 こぎれちょう

その他の画像全2枚中2枚表示

制作地:中国
元~明時代・13~17世紀
42枚

40枚の色紙形の表裏に、印金(いんきん)、間道(かんどう)、緞子(どんす)、金襴(きんらん)などの裂(きれ)を分類して貼り、名物裂の名称を金地紙に墨で書き記しています。1枚の色紙形に10数枚の裂が貼り込まれ、中には茶入れの袋である仕覆(しふく)の底の丸い形をしたものや逆に底用に切り取った後の丸形が遺る裂も見られます。

作品所在地の地図

関連リンク

古裂帖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鱗文様緞子(住吉緞子)
金襴 萌黄地宝尽石畳文様
見本切標本
唐物肩衝茶入(北野)
文琳茶入  銘 白玉 
ページトップへ