臨樊敏碑横披 りんはんびんひおうひ

姚元之筆
制作地:中国
清時代・道光元年(1821)
紙本墨書
1面

官は左都御史に至り、金石学にも精通した姚元之(ようげんし)は、隷書をはじめ行書・草書をも善くしました。後漢・建安10年(205)に刻された「樊敏碑」の臨書で、原本よりも波磔をやや長くし横長の造形を強調し、筆画の太細にも鮮明な変化をつけています。 (160202_t082)

作品所在地の地図

関連リンク

臨樊敏碑横披チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隷書六言聯
隷書六言聯

楊峴筆

隷書七言聯
隷書七言聯

伊秉綬筆

歳朝清供図
歳朝清供図

姚元之筆

臨米芾書軸
臨米芾書軸

王澍筆

行書七言聯
行書七言聯

沈樹鏞筆

ページトップへ