木村翁肖像 きむらおうしょうぞう

黒田清輝筆
大正8年(1919)
カンバス・油彩
79.5×64.3
1面

モデルとなった木村長七(1852~1922)は京都生まれの実業家で古河市兵衛の片腕となった。大正2(1913)年の引退に際し、古河合名会社が黒田に肖像画を依頼するが、遅々として進まず、大正8(1919)年10月に完成して帝展に出品された。くつろいだ姿の中に、実業家としての実力と信望の厚い人柄がうかがえ、黒田の人物表現の一面がよく表れた一点である。

作品所在地の地図

関連リンク

木村翁肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婦人肖像
婦人肖像

黒田清輝筆

《跡見刀自肖像》下絵
《桂公肖像》画稿
《桂公肖像》画稿

黒田清輝筆

H夫人肖像
H夫人肖像

和田英作筆

久米氏肖像
久米氏肖像

黒田清輝筆

ページトップへ