翡翠硯 ひすいけん

制作地:中国
清時代・17~19世紀
翡翠
縦11.0 横6.8 高1.5
1面

中国の硯は長い歴史のなかで多様な石材が用いられるようになりました。本作品は、翡翠を加工した小型の硯です。翡翠は軟玉であり、墨を磨るのに適さないため、このような翡翠硯は実用ではなく、鑑賞用に制作されて書斎を飾ったものらしく考えられます。(160705_t092)

作品所在地の地図

関連リンク

翡翠硯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

硯断片・研石
翡翠原石
緑釉小硯
翡翠釉菊花形小皿
氷裂端渓石抄手硯
ページトップへ