袈裟襷文銅鐸 ケサダスキモンドウタク

制作地:日本
弥生
高 46.5 cm
1個

本来、釣手であった部分が、幅の狭い綾杉文の文様帯に退化し、これの内外に別の文様帯が装飾部として付くようになった、扁平鈕式(へんぺいちゅうしき)の銅鐸である。鈕(ちゅう)・鰭(ひれ)等の鋸歯文内の斜線の方向が、鋸歯文の底辺を下にした状態で右下りに統一されている点、身の鋸歯文を飾る横帯の下の界線が4条である点、鈕の綾杉文が舞(まい)に接する部位に平行線を入れる点などから見て、この種の扁平鈕式銅鐸でも、新しい時期に作られたと考えられる。斜格子の縦帯と横帯に囲まれた6つの区画や身の裾は、鋳造後に丁寧に磨いて仕上げられており、製作当初は赤銅色に輝いていたであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

袈裟襷文銅鐸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桜ヶ丘10号銅鐸
桜ヶ丘10号銅鐸

灘区桜ヶ丘町

袈裟襷文銅鐸/大阪府羽曳野市西浦出土
銅鐸(静岡県三ヶ日町出土)
扁平鈕式銅鐸
突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
ページトップへ