鉄地二百間筋兜 テツジニヒャクケンスジカブト

宗順
制作地:日本
江戸
鉄錆地、薄い鉄板200枚矧合せ、鉢裏で六段二個宛の鉄鋲で平留にする。
高 16.7 cm 前後 26.7 cm 左右 21.0 cm
1頭
銘文:鉢裏後正板に「宗順」二字銘

筋兜(すじかぶと)の間数は、時代が降るにしたがい増える傾向にあるが、とりわけ
技巧化の進んだ江戸時代には、百間以上のものも現れた。
この筋兜は、薄い鉄板二百枚を鋲で留めたもので、表面は錆地、裏は一面に金箔を押し、後方中央に「宗順作」と刻名がある。
作者宗順は、明珍(みょうちん)系の甲冑師と思われるが、詳しい履歴はよくわかっていない。しかし本品の後頭部が深い鉢の形は明珍系の特徴をよく示し、二百間という細かな構造は、甲冑師ならではの技術によるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄地二百間筋兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地六十二間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜

(銘)常州住 早乙女家成

鉄錆地六十二間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜

(銘)早乙女家親

鉄錆地二十四間陣笠
鉄錆地二十四間陣笠

(銘)明珍宗紀

黒漆横矧銅具足
鉄錆地四枚張大円山形兜
ページトップへ