銅造如来立像 ドウゾウニョライリュウゾウ

彫刻 

制作地:中国
五胡十六国
総高 15.5 cm 像高 11.6 cm
1躯
銘文:「造像九躯」の銘あり。

中国古式金銅仏の1例。衣を通肩(つうけん)に裾を短かく着て、ひげを強調し、両足をやや開いて蓮華座上に立つ。この形式はガンダーラ彫刻に通有のものであるが、各部の比例や分節感の表現が人体の克明な観察を離れ、むしろ衣の表現の方に重点を移しつつあるように思われる点は、ガンダーラ様式中国化の過程を示すものといえよう。台座にみえる「造像九躯」の彫銘は、本例が同時に鋳造された9躯のうちの1躯であることを意味するものとも解される。

作品所在地の地図

関連リンク

銅造如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

如来立像
如来坐像
銅造如来立像
銅造如来立像
如来座像
ページトップへ