宝相華八稜鏡 ホウソウゲハチリョウキョウ

制作地:中国
径 10.4 cm 縁高 0.7 cm
1面

唐代独特の八稜形の鏡背に、宝相華文を配する。通例では六個ないし八個の宝相華が多いが、本鏡は小型鏡のためか五個となる。宝相華の個々の花弁は、対向する蕨手が宝珠形を抱く図様で、これは隋代鏡の花文を引き継いだものである。同種の文様は、六世紀から八世紀にかけ、中国のみならず朝鮮や日本の工芸でも広範に見られた。

作品所在地の地図

関連リンク

宝相華八稜鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狩猟文八稜鏡
瑞花鴛鴦五花鏡
宝相華文如意
瑞花双鸞八花鏡
金銅六器
ページトップへ