牡丹螺鈿長方盆 ぼたんらでんちょうほうぼん

漆工 

中国・元~明時代 14~15世紀
木製漆塗
縦35.2 横16.1 高3.1
1枚

木製漆塗、長方形の盆で口縁と見込の周縁には、金属製の縁線をめぐらす。総体黒漆塗の地に鮑貝を用いた螺鈿の技法で、見込には大きな花を開かせた二輪の牡丹花を表わし、立ち上がりにはそれぞれ、両左右端を如意頭形とした窓枠を設けて、内部には牡丹、菊、梅などの花唐草文を配し、外部には六弁花入亀甲文を表わす。花弁や枝には発色を意識した貝の使い分けが認められ、花弁や枝にも細やかな毛彫りをほどこすなど細緻な表現を見せている。日本には、本品のような中国製の小形の盆が数多く伝来しており、形状、文様、技法ともにさまざまなバリエーションが認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

牡丹螺鈿長方盆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牡丹唐草螺鈿卓
瑞鳥唐花文螺鈿箱
牡丹唐草螺鈿箱
菊蒔絵手箱
紫檀製獅子牡丹蒔絵煙草盆
ページトップへ