ラッカ手七連手付皿 らっかでななれんてつきさら

制作地:シリア
イラン・アッバース朝時代 8~9世紀
陶器
総幅27.5 総高14.0 各コップ口径約9.0 高約7.5
1口

薄い褐色の胎土を用いた多連皿。中央の小さい皿の周辺にほぼ同型の皿6個をならべ、それぞれの口縁部および底面周辺を同じ胎土でつなぎ合わせ、捻り紐状の取っ手をつけている。底面部で、7個の皿を固定するために付け加えられた胎土部分には、空気抜きと思われる穴6箇所があけられている。底面を除く全面に緑釉を施している。一部銀化した部分は金属質の光沢を放っている。また釉薬の剥落が部分的に認められる。類品に、取っ手を持たない多彩釉多連皿が知られており、塩や胡椒などの調味料入れ、あるいはオリーブ、ナツメヤシの実、ナッツ類やピクルスなどのオードブル入れであったとされる。

作品所在地の地図

関連リンク

ラッカ手七連手付皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地黒文字文小鉢
青釉四耳鉢
白地茶文字文小鉢
白地蛍手コバルト文小鉢
黄地三彩花文鉢
ページトップへ