春日社頭鹿猿図 カスガシャトウカエンズ

絵画 

森狙仙
制作地:日本
江戸
絹本著色
縦 45 cm 横 64.9 cm
1幅

祖仙、のち狙仙(1749~1821)と改める。大阪の人で、兄の周峰とともに狩野派をおさめるが、次第に円山派の写生技法を加味して一流を形成する。ことに猿図に巧み。本図は春日の奥山の鹿と猿を冷静な筆致で描きつくしている。朝の冷気までも感じることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

春日社頭鹿猿図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋山遊猿図
秋山遊猿図

森狙仙筆

牛図屏風
牛図屏風

森徹山筆

覆盆子二猿図
覆盆子二猿図

[画]森狙仙  [賛]柴野栗山

双鹿図
双鹿図

円山応挙

仙洞御苑春景図
仙洞御苑春景図

幸野楳嶺

ページトップへ