残雪 ざんせつ

黒田清輝筆
明治25年(1892)頃
カンバス・油彩
45.7×36.7
1面

黒田はグレー=シュル=ロワンの風景に魅せられ、とりわけ冬が美しいと祖国の両親に書き送っている。雪景を好んだらしく、初期から晩年までいくつか作例がある。白い雪の上におちた影の紫、それに黄、緑を加えた鮮やかな色調が春近きを感じさせる画面となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

残雪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

残雪
残雪

黒田清輝

風景(グレー)
風景(グレー)

黒田清輝筆

雪景
雪景

黒田清輝

枯れ野原(グレー)
枯れ野原(グレー)
枯れ野原(グレー)

黒田清輝筆

ページトップへ