江山無尽図巻 こうざんむじんずかん

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 

呉振筆
制作地:中国
明時代・崇禎5年(1632)
紙本墨画
34.2×1382.3
1巻
銘文:壬申秋日画呉振 ; 呉振
重要美術品

呉振(ごしん)は華亭(今の上海松江)人で、字は振之または元振、竹嶼と号し、その画は当時画壇の領首であった董其昌(とうきしょう)の賞識を得ました。かすれを多用し、心情に染み入るような筆使いが魅力的です。四季朝晩の変化も見どころの一つで、画だけで横13m80㎝におよぶ大作で、明清名家の諸跋を伴います。(130521_t081)(140930_t8中国書画精華)

作品所在地の地図

関連リンク

江山無尽図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図巻
山水図巻

楊文聰筆

書画合璧冊
書画合璧冊

董其昌筆

詩(七絶)
詩(七絶)

董其昌

江山無尽図巻
江山無尽図巻

伝王翬筆

墨竹図軸
墨竹図軸

呉宏筆

ページトップへ