金糸残片 きんしざんぺん

出土地:大阪府河南町平石 塚廻古墳出土
古墳(飛鳥)時代・7世紀
金製
最大長4.3
一括

幅約 0.5 mm、厚さ約 0.02 mmの有機質糸に巻付けた螺旋(らせん)状の極細リボンで、刺繍(ししゅう)に用いられたと考えられます。巻き方向は左右いずれも存在します。6世紀後半から出土する例は朝鮮半島製とみられますが、7世紀後半には奈良県飛鳥池遺跡で製作が確認されています。

作品所在地の地図

関連リンク

金糸残片チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀糸残片
鉄刀残片
敷石残片
螺旋状金線
扉石残片
ページトップへ