花鳥蒔絵螺鈿角徳利及び櫃 カチョウマキエラデンカクドックリオヨビヒツ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 

制作地:日本
桃山
6本1合

桃山時代、ヨーロッパ向けに輸出用として造られた“南蛮漆器”と呼ばれる角徳利。おそらく葡萄酒を入れたものであろう。6本1組で櫃に納められている。南蛮漆器の器種は教会の儀式に用いられた聖餅箱・聖龕・書見台や、装飾調度として洋櫃・洋箪笥・双六盤などが造られた。そして、技法・意匠は金平蒔絵と螺鈿でそのほとんどが花鳥を全面に配したものである。この徳利もその典型的な遺品であり、櫃に入って保存されたため製作当初の姿をとどめている。南蛮漆器中でも優品に数えられるものの1つであろう。近年イギリスから逆輸入されたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥蒔絵螺鈿角徳利及び櫃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花鳥蒔絵螺鈿聖龕
花鳥蒔絵螺鈿洋櫃
花鳥文蒔絵螺鈿洋櫃
蒔絵南蛮人洋犬文硯箱
蒔絵南蛮人洋犬文硯箱

製作者不詳/日本製

花鳥蒔絵螺鈿聖龕
ページトップへ