青磁蓮葉文承盤 せいじれんようもんしょうばん

陶磁 

制作地:朝鮮
高麗時代・12世紀
陶製
高6.0 口径18.8 高台径11.5
1枚

承盤とは水注の受け皿をいいます。器形は蓮葉をかたどっており、見込みには線彫りで葉脈が表現され、外面は各区画に蓮の文様が彫りあらわされています。全面に青緑色の青磁釉が施され、底裏に4つの硅石目が残されています。(20070904_t102)

作品所在地の地図

関連リンク

青磁蓮葉文承盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁蓮唐草文水注
青磁蓮唐草文瓢形水注
青磁鸚鵡文輪花鉢
青磁鉄絵花卉文瓜形水注
青磁碗
ページトップへ