和漢朗詠集巻下断簡 ワカンロウエイシュウカンゲダンカン

藤原定信
制作地:日本
平安
彩箋墨書
縦 28.1 cm 横 94.4 cm
1幅
重要文化財

藤原行成の四世の孫、藤原定信(1088~1158)の筆にかかる『和漢朗詠集』巻下の断簡。定信は、平安時代後期の能筆家として著名で、一切経を一人で書写したことでも知られる。料紙には二重蔓文様をどの具引(ぐび)きの唐紙(からかみ)を用いる。

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集巻下断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡)
唐紙和漢朗詠集切
唐紙和漢朗詠集切

藤原伊房筆

和漢朗詠集巻下(戊辰切)
手鑑「藻塩草」 和漢朗詠集巻下断簡(法輪寺切)
ページトップへ