金光明最勝王経註釈 巻第二・巻第四断簡(飯室切)のうち巻第二 コンコウミョウサイショウオウキョウチュウシャク マキダイ2・マキダイ4ダンカン(イイムロギレ)ノウチマキダイ2

その他の画像全11枚中11枚表示

制作地:日本
平安
1巻
重文

東大寺の僧、明一(728~98)が諸説を加えて編纂した『金光明最勝王経』十巻の註釈書。これは、もと比叡山横川飯室別所に伝来したことから「飯室切」と呼ばれ、伝称筆者が嵯峨天皇とされる経切である。
全体は、巻第二と第四の断簡が四点、合計百八行半からなっており、平安時代前期の加点本としても、重要な資料。

作品所在地の地図

関連リンク

金光明最勝王経註釈 巻第二・巻第四断簡(飯室切)のうち巻第二チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金光明最勝王経註釈 巻第二断簡(飯室切)
飯室切
金光明最勝王経注釈断簡(飯室切本)
金光明最勝王経註釈〈巻第四断簡/(飯室切)〉
飯室切
飯室切

嵯峨天皇

ページトップへ