後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失) ゴカシワラテンノウシンカンカイシ(ツキエンジョウオオシ・ウミベニコロモヲウツ・マツバウシナワズ)

制作地:日本
室町
1幅
銘文:月多遠情・海辺擣衣・松葉不失
重美

後柏原天皇(一四六四~一五二六)は、後土御門天皇の第一皇子。名は勝仁(かつひと)。詩歌をよくした天皇として知られる。特に和歌は三条西実隆に学び、家集に『柏玉集』がある。また、能筆として名高く、その書風は後世、後柏原院流の名で呼ばれた。漢字・仮名ともに豊潤な筆使いに特徴がある。

作品所在地の地図

関連リンク

後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)
後土御門天皇宸翰懐紙(関路霞・梅薫風・名所河)
正親町天皇宸翰和歌懐紙
後西天皇宸翰懐紙(さほ姫の)
後奈良天皇宸翰詠草(初鶯二首)
ページトップへ