飛弾匠物語 ひだのたくみものがたり

六樹園飯盛著 葛飾北斎画
江戸時代・文化6年(1809)
半紙本 読本
22.0x15.3
6冊

宿屋飯盛は、浮世絵師石川豊信の子で、江戸後期の国学者、狂歌師、読本作者。本書は、飛騨の名工、猪名部墨縄の妙術を中心に、竹芝山人、女一宮の悲恋を配して、奇異の物語としたもの。飛騨匠は、律令制下、飛騨国から貢上された木工に由来する名称。(旧題箋) ルビ:いなべのすみなわ

作品所在地の地図

関連リンク

飛弾匠物語チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金剛般若集験記
重要文化財 日下部家住宅 母屋、文庫蔵、新蔵
北斎大画即書細図
北斎大画即書細図

高力種信著

紙本著色狭衣物語絵巻断簡
吉原楼中図
吉原楼中図

葛飾北斎

ページトップへ