青磁蓮花文瓶 せいじれんかもんへい

陶磁 

制作地:朝鮮
高麗時代・12世紀
陶製
高31.1 口径5.5 底径11.5
1口
銘文:「照清造」銘

高麗青磁は中国唐の青磁製法の技術の影響を受けて生産が始まりました。12世紀には高麗独特のおだやかで静謐な美しさをそなえた青磁が完成します。高麗を訪れた中国の使臣、徐兢(じょきょう)は著書『宣和奉使高麗図経(せんわこうしほうしこうらいずきょう)』のなかで「翡色(ひしょく)」と呼ばれるその器を讃えています。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁蓮花文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁蓮唐草文瓶
青磁瓜形水注
青磁蓮花文瓜形瓶
青磁瓜形瓶
青磁象嵌菊唐草文油瓶
ページトップへ