唐物肩衝茶入 銘 松山 からものかたつきちゃいれ しょうざん

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

制作地:中国
南宋~元時代・13世紀
灰色陶質胎
高8.2 口径4.7 底径4.6
1口

【本館用】「肩が衝く」つまり肩が張っているところからこの形の茶入を「肩衝」と呼ぶ。本作はかつて上総大多喜藩主松平家に伝来したもの。残念なことに文政12年(1829)の江戸大火の際に火災に罹り、大破したが、詳細な図に基き漆で忠実に復元がなされた。大名物(おおめいぶつ)。(150714_h04)

作品所在地の地図

関連リンク

唐物肩衝茶入 銘 松山チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物肩衝茶入(北野)
肩衝茶入 銘松屋 
唐物肩衝茶入〈銘松屋/〉
肩衝茶入 銘 二王
青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

ページトップへ