薄茶地唐花向い鳥文様錦 うすちゃじからはなむかいどりもんようにしき

制作地:中国
遼時代・10世紀
絹製
(1)16×42 (2)17×25 (3)16×32 (4)13×34
4片

四片とも同じ錦の断片である。経糸(たていと)も緯糸も茶色の絹糸で織った綾地(あやじ)に、白・紺・縹(はなだ)・紅(べに)の絵緯糸(えぬきいと)を用いて模様を織り表わした緯錦(ぬきにしき)。菱(ひし)形と方形にまとめた蓮唐草文様の間に、円形の向い鳥文様を浮き織り風に表わしています。(20140311_t54)

作品所在地の地図

関連リンク

薄茶地唐花向い鳥文様錦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牡丹鳳凰文様縫取織
茶地霊鳥文様緙絲
表袴
扇文尽し文経錦丸帯
厚板 藍白段籠目唐草模様
ページトップへ