脇差 銘 薩摩國出水藤原正良 わきざし めい さつまこくいずみふじわらまさよし

藤原正良
江戸時代中期 17世紀後半~18世紀前半
鉄鍛造 鎬造
総長50.2 刃長36.6 反0.7
1口

鎬造、大鋒、庵棟。反り浅く身幅広め、重ね極めて厚い。表裏ともに棒樋を鎺下で搔き流す。鍛は板目よく約み、肌は地沸厚い大沸出来。刃文は広直刃に焼き出し、上に向かって互の目まじりに大きく湾れ、物打あたりで焼き幅を広くとる。茎はやや隅丸の角棟、刃上がりの入山形で、鑢目は筋違、目釘孔を1つ開ける。指表やや棟寄りに刀工銘「薩摩國出水藤原正良」を刻む。

作品所在地の地図

関連リンク

脇差 銘 薩摩國出水藤原正良チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 銘 九州肥後同田貫上野介
太刀 佩表名 大原真守
刀 差裏銘(金象嵌銘) 長義磨上 本阿(花押)
刀 銘 筑州住左行秀鍛之/嘉永二二年二月日應小倉正治好
太刀 銘成高
ページトップへ