台付二枚貝形土器 だいつきにまいがいがたどき

出土地:伝青森県岩木川流域出土
縄文時代 前1000年~前400年
土製
高10.4 (器)最大径18.4 最小径15.4 (台)最大径9.3 最小径8.5
1点

二枚貝の片側を模した土器に台が付く珍しい形態。器部外面に、磨消縄文と呼ばれる縄文部と無文部を沈線によって区分けする手法を用いた文様が施される。その特徴から縄文時代晩期の東北地方に分布する亀ヶ岡式土器(大洞式土器)と考えられる。この文化では、精巧な作りの土器、土偶等の土製品、漆器、石器の製作をはじめとする工芸技術が発達した。西日本でも亀ヶ岡式土器は出土しており、工芸品として持ち込まれた可能性が指摘されている。本品は、亀ヶ岡文化の工芸技術の高さを理解する上で貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

台付二枚貝形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鐸形土製品
注口土器
鐸形土製品
壺形土器
天白遺跡出土品<BR/>一、土器 1,686点<BR/>一、土偶 66点<BR/> 一、その他の土製品 23点<BR/> 一、石器 376点<BR/> 一、石製品 61点<BR/>一、辰砂原石 1点
ページトップへ