瑞花鳳凰麒麟猊紋鏡 ずいかほうおうきりんげいもんきょう

1面

中国唐代の鏡を模して日本列島で製作された唐式鏡。2匹の鳳凰と2匹の麒麟、さらに1対の雲気文が描かれ、また鈕は花文によって装飾されている。この鏡は日本列島の奈良から平安時代の遺跡から出土しているが、完形品は貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞花鳳凰麒麟猊紋鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

興福寺鎮壇具 瑞花双鳳八花鏡
瑞花双鳳八稜鏡
瑞花鴛鴦五花鏡
瑞花双鸞八花鏡
瑞花双鳳八稜鏡
ページトップへ